新宿マッサージほぐしの森|安い全身もみほぐし60分2980円で深夜迄

新宿東口店リラクゼーションサロン 電話番号:03-6233-9243 営業時間:AM10:00∼深夜5:00 最終受付:深夜4:00
ほぐしの森 新宿東口にグランドオープン 全身もみほぐし 60分税別2980円

~目が疲れている人は必見!
原因や対処法などを詳しく解説~

「目の疲れ」の原因

さまざまなことが原因となり、目の疲れは引き起こされます。そのなかでも代表的なのは目を酷使することです。仕事で毎日パソコンを長く使うという人は多いでしょう。プライベートでスマートフォンを長時間使うことが習慣になっている人も見受けられます。このように、情報端末の画面を長く見続けることは、目に大きな負担をかけていることに他なりません。手元で細かい作業をするなど、他にも目を酷使するケースはたくさんあります。そのような状況において、眼球の付近にある筋肉や組織に悪影響が生じることがあるのです。特に毛様体筋という筋肉は眼球のピントを調整する役割を担っており、疲弊してくると目の疲れとして実感するようになります。

また、メガネやコンタクトレンズが原因であることも少なくありません。それらの度数が目に合っていないと、正しく視力を矯正できていないため、眼球のピントはずれたままです。やはり毛様体筋がピントを調整しようとして無理をするので、疲弊による目の疲れにつながってしまいます。さらに、ストレスや睡眠不足などが原因であることも多いです。これらによって自律神経のバランスが乱されると、毛様体筋が緊張したり、涙の分泌量が減ったりします。すなわち、ピントの狂いや眼球の乾燥が目の疲れを招くことになるのです。


目の疲れの原因について

その他の例としては、エアコンによる乾燥や紫外線によるダメージなども挙げられます。また、老眼も原因の一つであり、年を重ねるにつれて、目は疲れやすくなるのが一般的です。若いころより毛様体筋が衰えるため、ピントをスムーズに調整するのが困難になってしまうからです。

「目の疲れ」の症状

目の疲れといっても、さまざまな症状の現れ方があります。たとえば、体が疲れたときに生じるような倦怠感もその1つです。スポーツや肉体労働などをした後に、体が重くなったように感じた経験はないでしょうか。それと同じように、普段より目やまぶたが重たくなったように感じられます。それだけで済む場合もありますが、重たさだけでなく痛みを認識するようなケースも見受けられます。腕や脚も大きな負担をかけ続けると筋肉痛になりますよね。それと同じで、目の筋肉にも多かれ少なかれ痛みが生じることは珍しくありません。痛みの程度は幅広く、少しだけ感じることもあれば、ときにはまぶたのけいれんを伴うこともあります。

視覚に変化が現れることもよくある症状です。たとえば、パソコンでずっと作業をしていると、画面がぼやけて見えてくることがあるでしょう。これは目の疲れの症状としてピントが合わなくなっている状態です。視界がかすんでしまい、普段より見づらいと感じるようになります。また、光の刺激を受けやすくなることも、視覚の変化として自覚しやすい症状です。正常な感度ではなくなり、少しの光が目に入るだけで眩しく感じることが増えます。

さらに、メンタル面に症状が現れることも珍しくありません。見づらくて不快感を覚えることが多いと、次第にストレスがたまっていき、軽度のうつ状態になったり眠れなくなったりする人もいるのです。また、見やすくするために体を傾けるなど、不自然な姿勢をとることが増えます。そのため、目以外にも負担がかかり、首や肩の凝りといった症状となって現れる場合もあります。

「目の疲れ」の対処法

目の疲れを軽減する方法の基本は、できるだけ目を使わずに休ませることです。眼球の運動やピントの調節が活発な間は疲労の蓄積は途切れません。視覚情報を脳に伝達するための神経も働き続けます。安全な場所にいるなら、目を閉じて視覚情報を遮断したうえで、リラックスした状態で休憩するのが望ましいです。しかし、ただ休ませるだけでなく、より積極的に対処したいという希望もあるのではないでしょうか。その場合は、マッサージによるケアを検討すると良いでしょう。


目の疲れの対処方法について

肩や首が凝っているときは、硬くなった筋肉をマッサージでほぐすのが定番の対処法です。目の疲れに関しても、基本的には同様に考えて構いません。目の周辺の筋肉が凝り固まっている状態なので、ほぐして柔らかくすることが重要です。準備として、筋肉の緊張を和らげるために温めることから始めます。体温が上がり血行が促進され、目に栄養が供給されやすくなることもメリットです。閉じたまぶたの上に蒸しタオルなどを乗せてしばらく待ちます。

マッサージの最初のステップは、上まぶたの目頭から目尻に向けて、指の腹を使って押していくことです。眼球を指圧しないように気を付けながら、少しずつ位置をずらしていきます。数回繰り返したら、次に取りかかるのは下まぶたのマッサージです。こちらも目頭の涙袋の下から目尻に向かって、押し進める作業を数回行います。目の周辺には多くのツボがあるため、必要に応じてそれらも刺激するのが一般的です。この一帯は皮膚が薄くて非常にデリケートなので慎重さが求められます。擦って神経や血管を傷つけないように丁寧に進めることが大切です。

リラクゼーションマッサージ「ほぐしの森」で目の疲れを改善!

24時間受付 当日予約も可能 ネット予約はコチラ

 

Copyright © 2018 Hogushinomori All Rights Reserved.

ページ
トップへ