新宿マッサージほぐしの森|安い全身もみほぐし60分2980円で深夜迄

新宿東口店リラクゼーションサロン 電話番号:03-6233-9243 営業時間:AM10:00∼深夜5:00 最終受付:深夜4:00
ほぐしの森 新宿東口にグランドオープン 全身もみほぐし 60分税別2980円

TOP > 症状ごとの対処方法 > 「足がだるい、重い」の対処方法

~「足がだるい、重い」で悩んでいる人必見!
原因や症状、対策も~

「足がだるい、重い」の原因

足がだるい、重いと感じる原因はむくみや筋肉痛、疲労などがあげられます。その中でも、一番多い原因は「むくみ」によるものでしょう。

足のむくみは、生活習慣や食事、運動不足などが原因で、足に水分がたまったり血流が悪くなったりした時に引き起こります。仕事や家事で長時間同じ姿勢をとり続けていると、体内の水分が重力によって下へとさがり、水分が足にたまってしまいます。また、足は心臓から遠い位置にあるため、血液の流れが滞りやすく血行不良が起こりやすい部位です。血液は、心臓から全身へと送り出され、手や足など末端の筋肉がその血液を送り返します。送り返すときは、血液に水分なども含み一緒に送りだしますが、このポンプとなる筋肉が弱っていると正常に送り返すことができなくなります。特にふくらはぎのポンプが弱っている状態だと、血液をうまく送り返せず血流が悪くなるため、むくみが引き起こされます。


足がだるい、重いときの原因について

また、血液とは別にリンパ液が流れているリンパ管があります。リンパ液は老廃物を流す役割があり、血液と同様に筋力の低下により滞りやすくなります。リンパ管に滞った老廃物もむくみの原因となります。

他にも、塩分や水分の取りすぎはむくみにつながるので注意が必要です。塩分を過剰摂取すると、体は塩分濃度を調節するために大量の水分を摂取してしまいます。大量に摂取した水分が、その分、排出されれば問題はありません、しかし、水分量の調節がうまくいかないと水分が多くなりむくんでしまいます。そのため、ソーセージなどの加工食品、ラーメンなどの塩分が多いものは食べ過ぎに気を付けましょう。反対に、むくみ解消に効果的な食べ物としては、海藻類や大豆製品などがあるので、むくみが気になる人は積極的に摂取しましょう。

「足がだるい、重い」の症状

足がだるい、重いといった倦怠感や疲労感などに合わせて、目に見える症状もあります。例えば、朝から履いている靴が夕方頃になるときつく感じることや、家に帰って靴下やズボンを脱ぐと跡が残っているということはありませんか。これはむくみが原因で、水分が下に行くことにより足がパンパンに張ってしまった状態です。また、すねを5秒ほど軽く押して離した時に、押した部分が白くなったり押した跡がついていたりしても、むくんでいる状態と判断できます。さらに、足を触った時に冷たいと感じたら、血行不良を引き起こしている可能性があります。この状態が続くと、慢性的な冷え性の原因にもなってしまうので気を付けましょう。

足のだるさや重さといった症状の他に、血管がこぶのように膨れあがっているなどの症状が見られた場合は「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」という病気の可能性があります。この病気は足の血管に血液がたまることによって引き起こされます。心臓から動脈を通って送られてきた血液を、ふくらはぎの筋肉が静脈を使って心臓へと送り返します。送り返す時に、血液が足の方へ戻ってこないようにするため、静脈の内側には弁という膜がいくつもあります。この弁は、下から上へ血液が流れるときだけ開き、下へ血液が逆流してこないように防いでいます。ふくらはぎの筋力の低下などにより、上へ流す力が弱まってしまうと、血液の流れが滞り弁に圧がかかってしまいます。強い圧がかかり続けると、弁が破壊され血液の逆流が起こってしまいます。それによって、血液が静脈内にたまってしまい、血管がこぶのようにふくれ上がるという症状が出てしまいます。

「足がだるい、重いとき」の対処法


足がだるい、重いときの対処方法について

足がだるい、重いという人は、ストレッチやマッサージをすると徐々に症状がよくなってきて改善していきます。仕事などで外に出ているときは、足首を回すストレッチが簡単にできるのでおすすめです。足首を動かすことで血流がよくなり、倦怠感や疲れをやわらげてくれます。また、ゴルフボールなどを使って足裏のツボを刺激することも血行促進につながります。オフィスなどでもできるので、足のだるさや重さを感じたら試してみてください。他にも、座ったままの姿勢や立ったままの姿勢が長時間続かないようにこまめに休憩を入れて、屈伸やアキレス腱を延ばすなど軽いストレッチを行うとむくみが予防できます。

帰宅後は、マッサージをすると良いでしょう。さらにマッサージ前に湯船につかると、体が温まってより血流がよくなり、リラックス効果も期待できます。マッサージは足首から膝まで程よい力加減でリンパを流すように行います。この時リンパの流れにそって、上から下へと軽くこするように流していきましょう。また、膝の裏にはリンパがたまりやすいので優しくほぐしてあげるとリンパの流れが改善されます。力が強すぎると、皮膚や血管を傷つけてしまうことがあるので、イタ気持ちいと感じるくらいがちょうど良いでしょう。さらに、ボディクリームやオイルを使うと滑りがよくなりマッサージしやすくなります。セルフマッサージで解消できない人や、物足りなさを感じる人はマッサージのプロに任せるのも1つの手です。足がだるさや重さを放っておくと、慢性的なむくみや病気になりかねないので、生活習慣や運動不足に気を付けながらしっかり対処をしていきましょう。

 

Copyright © 2018 Hogushinomori All Rights Reserved.

ページ
トップへ