新宿マッサージほぐしの森|安い全身もみほぐし60分2980円で深夜迄

新宿東口店リラクゼーションサロン 電話番号:03-6233-9243 営業時間:AM10:00∼深夜5:00 最終受付:深夜4:00
ほぐしの森 新宿東口にグランドオープン 全身もみほぐし 60分税別2980円

新宿マッサージほぐしの森 > 症状ごとの対処方法 > 「手足のむくみ、冷えやすい」の原因

~手足のむくみや冷えやすさの原因とは!対処法も紹介!~

「手足のむくみ、冷えやすい」の原因

手足のむくみは細胞の中の水分量が増えて腫れたような状態になることから起こり、特に身体の末端部分である手足には水分が溜まりやすいといわれています。この水分は細胞間質液と呼ばれる液体で、血管から細胞中に浸透する血液の一部です。細胞間質液には細胞に酸素や栄養を届けたり、細胞の老廃物を運び出して体外に排出したりする役割があります。この細胞間質液の出入りのバランスが崩れて細胞にとどまる水分量が増えてしまったとき、手足はむくむのです。

具体的に例を挙げると、アルコールや塩分の摂りすぎは細胞中に水分が溜まりやすい環境を作るため、むくみやすくなります。また、アルブミンというタンパク質の1種には老廃物を体外に排出する働きがあり、これが不足すると細胞に老廃物が蓄積されていってむくみに繋がります。さらに、長時間同じ姿勢でいたり、手足が冷えていたりすると血液の循環が滞ります。その結果、手足などの末端部分に血液が溜まりやすくなり、むくみが起きる原因となります。


手足のむくみ、冷えやすいときの原因について

手足が冷えやすい原因も、根本的には血液の循環が悪くなっていることにあります。その血行不良を引き起こす要因として、身体の筋肉の量が不足していることが第1に挙げられます。筋肉には心臓と同じように血液を循環させるポンプの役割があるので、筋肉の量が足りていないと血液がうまく循環してくれない状態になります。男性よりも女性に冷え性の人が多いのは筋肉の量が比較的少ないためです。また、ストレスによって交感神経が優位になると血管が収縮して血液の循環が滞ります。つまり、ストレスが冷えの遠因となっている可能性もあるのです。

「手足のむくみ、冷えやすい」の症状

手足がむくんでいる兆候は、指輪が抜けなくなったり、あるいは指が動かしづらくなったりすることから表れます。手足がむくんでいるかどうかを見極める方法として、むくんでいると思われる部分を指で押さえてみてください。パンパンに腫れたような状態になるのであれば、身体の疲れが原因で起こるむくみである可能性が高いです。押さえた部分が数秒間へこんだままの状態になるのであれば、肝臓などの臓器の疾患が原因でむくんでいる可能性が高いでしょう。

ネフローゼ症候群や肝硬変などの腎臓、肝臓の疾患が起こると、血液中のアルブミンというタンパク質の量に異常をきたします。アルブミンは細胞間質液のやりとりする量を調節している成分なので、アルブミンの量が正常でなくなることでむくみは起こりやすくなります。肝臓や腎臓の疾患が原因で起こるむくみの場合、手足だけでなく全身がむくんでしまうという特徴があります。指で押さえてへこんでいる状態が続くようであれば、早めに医師に相談することをおすすめします。

手足の冷え性では、症状がひどくなってくると痛みを感じることもあります。また、不眠に悩まされるというケースも起こることがあります。眠りにつくとき、人の体温は徐々に下がっていきます。逆にいえば、体温が徐々に下がっていくことで人は眠りにつくことができるといえるのです。しかし、冷え性ではじめから体温が低くなっているとそれ以上温度を下げることができないので、スムーズに入眠することが難しくなるのです。さらに、かゆみや痛みを伴うしもやけや、肌の亀裂や出血を伴うあかぎれになってしまうこともあります。

「手足のむくみ、冷えやすいとき」の対処法

むくみや冷え性を改善するためには、まずはストレッチやマッサージを実践してみましょう。力を抜いて手首や足首をぶらぶらとさせたり、指を意識的に動かしたりしてみることで血行を促進する効果が得られます。手のむくみ対策としては、親指と人差し指のつけ根のあいだにあるくぼみには「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボがあるので、ここを反対の手の親指で10秒間ほど押してみましょう。特に、入浴後などの身体が温まって血管が拡張しているときに行うと、血液の循環を促進しやすくなります。


手足のむくみ、冷えやすいときの対処方法について

適度な運動を習慣的に行うのも対策としてはよい方法だといえます。まず、日頃から運動をすることで身体に筋肉がつき、血液が循環しやすい身体になります。下半身の筋肉が足りないと下りてきた血液を心臓に戻すことができず、足がむくみやすくなります。むくみも冷え性も血行不良が最大の敵なので、血液の循環をよくする習慣を心がけましょう。さらに、適度な運動にはストレスを発散させる効果もあります。ストレスをため込むと交感神経が優位になり血液の循環も滞りやすくなるので気を付けてください。

お腹を冷やさないように注意することも、手足が冷えにくくするためには重要です。重要な臓器が集中している腹部が冷えると、身体は何にも優先して腹部を温めようとします。その結果、末端である手足まで血液が十分に供給されなくなり、手足が冷えやすいと感じるようになるのです。腹巻などでお腹を冷やさないように工夫しましょう。また、ショウガなどの身体を温めてくれる食べ物を積極的に摂取するのもよいでしょう。飲み物なども極力温かいものを選ぶようにしてください。

リラクゼーションマッサージ「ほぐしの森」で手足のむくみ、冷えを改善!

24時間受付 当日予約も可能 ネット予約はコチラ

 

Copyright © 2018 Hogushinomori All Rights Reserved.

ページ
トップへ